Our Impact


|インパクト評価

ケーススタディ


GHIT Fundは、発展途上国で蔓延する感染症を制圧するため、革新的な製品開発に対して投資を行っています。しかし、製品開発を推進することは、私たちが求めるインパクトの一部、序章に過ぎません。インパクトの第二章は、GHIT Fundが投資を行った結果として生まれる新製品が、感染症の流行地域における健康生活の向上および経済発展にどの程度インパクトを与えることができるかです。そこで、私たちが投資したイノベーションが流行地域の経済社会に与える潜在的なインパクトを、ケーススタディを通じてご紹介します。

こうしたケーススタディを通じて、私たちの投資が人々の健康生活や経済にいかにインパクトを与えているのかについて、より深く理解することができます。ケーススタディの背景として、私たちが投資しているイノベーションの全体像を把握するために以下をご覧下さい。

健康へのインパクト

エイズ、マラリア、結核は発展途上国におけるもっとも致死的な疾病です。2013年の世界保健機関(WHO)のデータによれば、HIV/エイズ患者数は3500万人で、その多くがサハラ砂漠以南のアフリカの居住者です。また2012年には、97カ国がマラリア感染を報告しており、関連する死亡の90%以上がサハラ砂漠以南のアフリカで発生しています1。同様に、結核も圧倒的なな速度で世界的に、とりわけ西・南アフリカで広がっています。2012年のWHOのデータでは、860万の新規結核患者が報告され、感染症による死亡原因としてはHIV/エイズに次いで第二位となっています2。 顧みられない熱帯病はその名が示す通り、頻繁に報道されている上記のような疾病の影に隠れがちですが、実際には世界人口に大きく影響を及ぼすものです。顧みられない熱帯病は、機能障害を引き起こす寄生虫および細菌性感染を引き起こす17の疾病のことを指し、土壌や水を感染経路とします。一つかそれ以上の顧みられない熱帯病で苦しむ人々は全世界で10億人以上にも及びます3。そして全感染者の半数以上が子どもたちです4

社会的インパクト

HIV/エイズ、マラリア、結核および顧みられない熱帯病(NTDs)は、たとえ治療中であっても、その症状を抱えて生きる人々のクオリティオブライフ(生活の質)をひどく低下させる疾患であり5、その影響は家庭全体に及びます。たとえば、結核感染者は3、4ヶ月に相当する労働時間を損失する可能性があり、またその家族の労働生産性の損失、障害、そして治療費により、最大年収の30%を失う場合があります6。同様に、顧みられない熱帯病の一つであるリンパ系フィラリア症によって、働き盛りの中年男性は11年にもおよぶ労働生産性の損失または個人の累積収入の15%を喪失する可能性があります7。加えて、患者個人およびその家族は、疾病による四肢が膨れ上がるために、深刻な偏見や差別に直面することになります。さらにこれらの疾病は、教育にも悪影響を与え、その社会に広範な悪影響をもたらします。その一例としてアフリカの学校において、欠席の半数以上はマラリア感染が原因であり、その半数は回避できるものと考えられています。アフリカだけで、毎年1000万もの就学日が失われている計算になります8,9

経済的インパクト

前述の通り、感染症は発展途上国の経済に大きな影響を与えています。このような影響は、疾病に対するケアと治療に関連した直接的な医療システムのコスト、および疾病による機能障害や死亡による生産性の損失に関連する間接的なコストの観点から述べることができます。これらの疾病の間接コストは、働き盛りの年齢またはそれより若い人々に関連しているため莫大なものとなります。たとえば、世界中でマラリア・プログラムを管理するための年間の直接コストはおよそ50億米ドル、一方でマラリアの流行に関連する間接コストについては、アフリカだけで120億米ドルのGDP損失と推定されています1。同様に、結核の制圧および治療プログラムに関しても、その年間の直接コストは40-80億米ドルと推定される一方で10、結核に関連する症例によって、世界の最貧国では今後10年でおよそ1-3兆米ドルを損失することになると推定されています11。これらの損失は驚くべき数字ですが、逆に言えば、費用対効果の高い早期の介入戦略によって大きな経済的利益を得られる可能性があることを示唆しています。

  • 1. Key malaria facts. Roll Back Malaria Website. http://www.rbm.who.int/keyfacts.html. Accessed November 10, 2014.
  • 2. Global tuberculosis report 2013. Geneva: World Health Organization; 2013. http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/91355/1/9789241564656_eng.pdf. Accessed November 11, 2014.
  • 3. About the Neglected Tropical Disease Program. USAID's Neglected Tropical Disease Program Website. http://www.neglecteddiseases.gov/about/. Updated June 16, 2014. Accessed September 2014.
  • 4. The Lancet. Neglected tropical diseases: becoming less neglected. The Lancet. 2014;383(9925):1269. doi:10.1016/S0140-6736(14)60629-2.
  • 5. Hotez PJ, Alvarado M, Basanez M-G, Bolliger I, Bourne R, et al. The Global Burden of Disease Study 2010: Interpretation and Implications for the Neglected Tropical Diseases. PLoS Negl Trop Dis. 2014;8(7):e2865. doi:10.1371/journal.pntd.0002865.
  • 6. Economic impact of TB. TB Alliance Website. http://www.tballiance.org/why/economic-impact.php. Accessed November 10, 2014.
  • 7. Ramaiah KD, Das PK, Michael E, Guyatt H. The economic burden of lymphatic filariasis in India. Parasitology Today. 2000;16(6):251-253. doi: 10.1016/S0169-4758(00)01643-4
  • 8. Vitor-Silva S, Reyes-Lecca RC, Rinheiro TRA, Lacerda MVG. Malaria is associated with poor school performance in an endemic area of the Brazilian Amazon. Malaria Journal. 2009;8:230. doi:10.1186/1475-2875-8-230.
  • 9. The Challenge. Malaria No More Website. http://www.malarianomore.org/pages/the-challenge. Accessed September 2014.
  • 10. The Economic Burden. Aeras Website. http://www.aeras.org/pages/beyond-a-health-crisis. Accessed November 10, 2014.
  • 11. Economic Impact of TB. TB Alliance Website. http://www.tballiance.org/why/economic-impact.php. Accessed November 10, 2014.